FC2ブログ
青柳陽子つれづれ日記
ライブの一言以外のつれづれ日記を書きます
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/29(金)   CATEGORY: 未分類
生演奏
木曜日。
1000のお客様の出足が遅かったので、女の子達と色々話をしました。

1000ではお店のBGMとして一流のジャズマンに演奏&歌のバッキングをしてもらっています。

お店の、芸大出身の絵の専門家の20代の女の子の言葉・・・

「このお店、色んなギタリストが来てくれるけど、やっぱり音楽が本当に好きなひとって、わかりますよね~。○○さんが来るとお客様もみ~んなそう言いますよ~。△△さんは野心ちょっとあるのわかりますよね」
     ↑
う~ん・・・さすが感性豊か・・・

というか、下手に音楽をかじったりしていない人ほど、理屈や技術に惑わされずにその人の人間性の本質を音楽からストレートに感じてしまうのかもしれません。

生演奏は、演奏したり歌ったりしている人間の「無意識」で「感じた」ことがそのまま聴く方の「無意識」にストレートに伝わってしまうと思います。

だから、何よりも魂を磨かなくては、と思うのです。

そしてそれをちゃんと伝えるために、そして楽しんでいただくために、技術もちゃんと磨くのが大切だと思います。

歌手やミュージシャンは、一緒にステージで音楽を共演すると、余計に、「音楽に対して、仕事に対して、歌に対して、生きている時間に対して、お客様に対して」何を感じているか、何を大切にしているかが本当に重要になります。

あまりにもそれらが違いすぎると、やっぱりお互いに違和感が大きくなってしまうのです。





スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 青柳陽子つれづれ日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。